★法人の銀行印を作るためのいろはを伝授!知っておきたいポイントを紹介しています!★

法人を設立する際は、様々な手続きや準備するのがたくさんあって大変です。なかでも重要なのが印鑑の制作です。法人の銀行印や代表印は口座開設時や法務局への登録が必要なので、オーダーメイドで作成することをおすすめします。法人の銀行印は、一般的に実印と混同しないよう小さめに作成する必要があります。印鑑の形状としては「寸胴タイプ」と「天丸タイプ」がありますが、後者が昔から定番として好まれています。次に法人の銀行印の書体としては、篆書体・印相体・古印体などがあり、偽造防止のセキュリティ対策としても最適です。文字の好みなどもありますが、篆書体や印相体が人気は高いようです。サイズとしては、16.5mm~21.0mmが一般的ですが、法人印としては16.5mmが無難でしょう。できるだけ、実印と区別できるサイズにしておくことが捺印ミスの防止にもつながり使い勝手が良いです。最後に印材についてお話しておくと、動物の牙や角を素材としたものが耐久性も良く、長期間使用できます。象牙は価格が高い点に難がありますが、黒水牛であれば比較的割安な価格で購入できるので、見た目も重厚感があっておすすめです。法人の銀行印は、企業を代表する印鑑として多くの機会や人前で使用するケースも考えられるため、できるだけ質の高い印鑑を作成するようにしましょう。法人の銀行印を選ぶのに迷う方は、一度比較サイトを確認してみてください。特に銀行印比較ランキングでは、割安で高い質の印鑑が購入できる通販サイトを厳選して紹介しています。知っておきたい役立つ情報も紹介しているので、ぜひ当サイトから質の高い印鑑を作成してください。

銀行印比較ランキング※おすすめの印鑑を徹底紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です