★開運・金運効果のある銀行印の書体★

銀行印とは、銀行に印鑑登録し、銀行にお金を預けたり引き出したりする際に用いる印鑑です。自分の財産を管理する上では非常に重要な印鑑ですが、その銀行印を作成する際のポイントの1つに書体選びが挙げられます。銀行印の書体選びに関しては、個人用の印鑑として非常に重要度も高い印鑑のため、セキュリティー性を意識し偽造されて悪用されるリスクを防ぐのはもちろんですが、お金にまつわる印鑑であるため、開運・金運効果のある縁起のいい書体を選ぶのも銀行印の書体選びの1つの方法として挙げられます。そこで、開運・金運効果のある銀行印の書体として挙げられるのが、「印相体」と呼ばれる書体で、別名「吉相体」とも呼ばれており、開運・金運効果のある縁起の良い書体として知られています。印相体とは、篆書体をベースにアレンジして作られた書体で、特徴として文字の線が中心から外側に向かって上下左右斜めに力強い流れを生みだしながら広がっているため、別名「八方篆書体」とも呼ばれており、柔らかく、力強い印象を持っている書体です。また、印相体は、文字の線が複雑なため可読性が低く、読みにくい書体であることから、セキュリティー性にも優れており、銀行印の書体としても適正があります。他にも、印相体は、前述した通り、中心から外側に向かって文字の線が流れを生みだしており文字の線が外枠に接しているため、印面が欠けにくい書体として耐久性にも優れています。銀行印は、印面が欠けてしまうと欠けた部分からどんどん金運が逃げていくという言い伝えもあるように、耐久性は長けるに越したことはなく、その点でも印相体は銀行印の書体として適性があるということができます。このように、銀行印の書体には、開運・金運効果のある縁起の良い書体が存在します。ここで紹介した印相体は、銀行印の書体としても、セキュリティー性が高く、欠けにくいため、適性が十分にあります。銀行印は、個人用の印鑑として、非常に重要な印鑑のため、銀行印を作成する際には、書体選び1つでも、迷ってしまいますが、その際はぜひ、ここで紹介した開運・金運効果のある縁起の良い書体を選んでみてはいかがでしょうか。

銀行印

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です